仙台不動産情報 仙台市不動産情報 仙台の不動産情報 仙台の不動産情報 仙台の不動産物件情報 仙台市の売り物件 仙台市の新築マンション 仙台市の中古マンション 仙台市の新築建売住宅 中古住宅
Home 新築マンション 中古マンション 新築一戸建て 中古一戸建て 売り土地 収益物件 賃貸アパマン オフィス・店舗
不動産購入FAQ
物件の下見
購入申し込み
住宅ローン
お引渡し
物件探し
お得な物件とは
お得な物件の探し方
住宅ローンのご相談
自己資金の割合
勤続年数と住宅ローン
返済期間
金利
住宅ローンと保証人
繰上げ返済
収入合算
ボーナス返済
ローン条項
不動産売買契約
重要事項説明
持分
契約の日取り(お日柄)
引渡し
マンション派?一戸建て派?


不動産購入の流れ
物件の下見

当社でご紹介した物件を実際に見てみましょう

当社ではお客様のご要望に近い物件を何件でもご紹介します。
その中でイメージに合う物件が見つかったら、実際に物件を見てみましょう。
収益物件などの場合、賃貸中で内部が見られない場合もありますが、殆どの場合内部も点検できます。
中古物件では、ちょっとしたリフォームで見違えるようになる場合もございます。
当社では、リフォームのアドバイスや見積もりも承っております。

  希望条件を登録する


購入申し込み
物件が気に入ったら購入申し込み

物件が気に入ったら、当社所定の購入申し込み用紙で購入の申し込みをします。
その場合、住宅ローンが成立したら購入したい、などの条件をつけて申し込みすることも出来ます。 購入申し込みが受理されれば、物件購入の権利はお客様が持つことになり、他の人に流れることはなくなります。

価格交渉
物件は気に入ったけれど、値引きしてもらいたい。そのような場合は自分の希望金額で購入申し込みをすることもできます。 詳細は当社スタッフにご相談ください。

  希望条件を登録する


住宅ローン

当社で手続き全てをお手伝いいたします

住宅ローンは基本的には各金融機関が扱っていますが、内容はまちまちです。
金利も各行それぞれ違いますし、融資の条件もそれぞれ、異なります。
当社では、お客様が一番有利に融資を受けられる金融機関を選択し、全ての手続きをお手伝いいたします。

  希望条件を登録する


お引渡し

融資も実行され、支払いが済むと引渡しです

融資が実行され、購入金額を支払うときには、所有権の登記など、司法書士に依頼する手続きがあります。 司法書士の手配も当社にてお手伝いいたします。
購入時には地震保険に加入される方も増えています。
さあ、いよいよ入居です。
格安のお引越し業者も当社でご紹介いたしますよ。

  希望条件を登録する

不動産購入のよくある質問
物件探し
お得な物件とは
不動産物件は同じものがありません。
すべての物件が少しずつ違う条件をもっています。
その中でそれぞれのお客様が自分にあった物件を見つけることになりますが、お客様によってこだわりの条件は違います。

・広さにこだわるお客様
・小中学校の学区にこだわるお客様
・価格にこだわるお客様

それぞれの希望条件により、満足できる物件もかわってきます。当社として、判断の一要素としてお話しするのが、リセール・バリュー(再販価格)です。不動産は資産です。将来的に値下がりが大きいということは資産価値の減少を意味します。
最近の中古物件では、中には将来的にキャピタルゲインを望めるのでは、というような物件もちらほら見かけます。

購入時には信頼のおける不動産業者と相談いたしましょう。
お得な物件の探し方
前の項目に順ずるテーマですが、一般的に言って、お得な物件は市場に出る前に決まってしまうことが多いのが実情です。
当社でも、希望条件に合致する物件の紹介を待ち望んでいるお客様のいわば『Waiting List』があり、そうしたお客様に優先的に物件をご紹介することが多いのです。

特に中古物件では、信頼できる業者を選んで、ご希望条件をエリアや価格、建物の種類など具体的に伝えておきましょう。
思わぬ出物があるかもしれません。

物件紹介リクエスト

住宅ローン
自己資金の割合
よくお客様に聞かれる質問の中に、『自己資金はいくらあればいいのですか?』というものがあります。
金融機関などで一般論としては、自己資金が20%から30%あることが望ましい、といわれます。たしかに自己資金が多いほうが返済は楽になるでしょう。
しかし、誰しもが住宅購入資金を貯められるわけではありません。むしろ、ある日突然、『住宅購入』を思いつくお客様の方が多いようです。
自己資金ゼロで、購入諸費用までも、住宅ローンに組み込める商品もあります。
それどころか、現在月々支払っている車のローンの残債も住宅ローンに組み込んでしまう住宅ローンもあります。

ある日突然住宅購入を思い立ったお客様、是非当社にご相談ください。

勤務年数と住宅ローン
これも一般的なお話になりますが、同じ勤務先に2年程度の勤務年数が必要と判断される場合が多いようです。
この判断も、金融機関によって、又はお客様の勤務する業種によって判断が分かれるようです。

当社の担当者にお気軽にご相談下さい
返済期間
返済期間は大体の場合最長40年、完済時最高年齢80歳までの住宅ローンがあります。(通常は最長35年、完済時最高年齢75歳)
通常の場合、40歳までの方が最長の35年の住宅ローンを申し込めることになります。


金利
金利1%という過去に例の無いような低金利が続いています。
しかし、この金利は当初の数年間の金利です。
その機関を過ぎると、その時点で固定金利にするか、変動金利にするかを選ばなければなりません。

『1%』というと、ほんの小さなお金と思いがちですが、住宅ローンの場合は返済が長期にわたるため、通算では大きな金額になります。

ちなみに、1000万円を35年借りた場合の1%の金利は通算で1,855,999 円です。

固定金利がいいか、変動金利がいいか、よく考えて決めましょう。
住宅ローンと保証人
数千万円にものぼる金額の住宅ローンでは、保証人の変わりに保証会社を使います。そのため、親や、親戚に保証人になってくれるように頼んだりする必要はありません。
また、団体信用生命保険に加入し、万一の不慮のケースに備えるので、安心です。
この、保証料や保険料は金融機関によりまちまちですので、よく確かめましょう。

繰上げ返済
住宅ローンを返済中にお金の余裕が出来たときには、繰上げ返済をすることが出来ます。その回数や、金額については、金融機関ごとに決まりがありますので、事前に確かめておきましょう。

収入合算
ご夫婦がどちらも収入がある場合、住宅ローンの申し込みに当たって、収入を合算して計算をすることも出来ます。
ご主人様の収入がたまたまちょっと足りないと判断された場合、奥様の年収(バイトでも可)をあわせることにより、借り入れが可能になる場合もあります。

ボーナス払い
住宅ローンの返済には、ボーナス払いも併用するとこが出来ます。ただし、この場合、ボーナス付きには、毎月返済分と、ボーナス返済分の2回の返済が発生します。
現在の状況だけでなく、将来的なことも考慮して、返済額を調整しておきましょう。

ローン条項
不動産の購入に当たり、住宅ローンを使う場合、もし住宅ローンの審査が通らない場合トラブルに発展する場合もあります。こうしたトラブルを回避するために『ローン条項』と呼ばれる条項を契約に盛り込むことができます。 誠意を持って金融機関と折衝したにも関わらず、ローンが受けられなかった場合、契約を白紙撤回できる条項です。
詳しくは当社係員ににお尋ね下さい。
契約
重要事項説明
不動産購入に当たっては、購入する不動産について様々な事項を説明する『重要事項説明書』が作成されます。
この中で、売買対象物件の所有権や水道、ガスなどの整備状況など様々な事項について説明します。

持分
住宅購入時によく検討しておく必要があるのが、持分です。
ご夫婦50%ずつの共有にする場合、ご主人だけの名義にする場合、逆に奥様だけの名義にする場合、など様々なケースがありますが、場合によっては、購入者と名義人が違う場合、贈与税が発生するケースもあります。不動産業者や司法書士によく相談しましょう。
契約の日取り
中には気にする方も多いお日柄です。
念のために書いておきます。

良い順

悪い順

大安(たいあん・だいあん)

婚礼はもちろん、その他すべての祝い事に吉とされる日です。一日中吉とされる日で特に結婚式や結納に最適です。

仏滅(ぶつめつ)

最大の凶日で、何事も謹むべき日とされています。

友引(ともびき)

読んで字のごとく友を引くということで婚礼などには良いとされています。

赤口(しゃっこう)

厄日とされ、特に祝い事(婚礼も含む)や新規のことは慎むべき日とされています。ただし正午だけは吉とされています。

先勝(さきがち)

これも読んで字のごとく、先んずれば勝つで、もちろん午前中が吉とされています。

先負(さきまけ)

先勝ちとは反対に、先んずれば負けということで何事も急がず慌てず、控えめが吉とされています。午後からが吉ということになりますか。

引渡し
全額を支払い終わると同時に所有権は移転します。
司法書士が法務局に行って、所有権移転の手続きを進めます。住宅ローンの場合は火災保険が付帯されていますが、現金で決済する場合などは、引渡し時点にあわせて火災保険の手続きをしておきましょう。
 
購入するならどちら?

マンション派と一戸建て派 どちらがお好きか、は大きく分かれるところです。どんな点が好きで、どんな点が残念なのか、お客様の声をまとめてみました。
(取り上げたのはごく一般的な意見で、必ずしも絶対的な評価ではありません)
アドレスアイコン

さて、あなたはどちら?
マンション派
気に入っている点 中心部にあるので、通勤、通学に便利
気に入っている点 冬でも室内が寒くない
気に入っている点 高い階の場合、眺望がすばらしい

ちょっと残念な点 ペットが飼えない(例外もあります)
ちょっと残念な点 駐車場がない、又は駐車場が遠い
ちょっと残念な点 ガーデニングができない
    新築マンションを表示
    中古マンションを表示
土地付一戸建て派
気に入っている点 気がね無くペットが飼える
気に入っている点 上階や隣室の騒音に悩まされることはない
気に入っている点 子供がお庭で遊べる
気に入っている点 駐車場がある
気に入っている点 ガーデニングが楽しめる
気に入っている点 プライバシーが守れる

ちょっと残念な点 通勤がちょっと大変(例外もあります)
ちょっと残念な点 冬場、室内が寒いケースもある
    新築一戸建を表示  
    中古一戸建を表示

  

Copyright(c)2005 RealtorJapan.com All rights reserved.